子宝を授かるのに必要な成分

検査をいろいろしてみたけど、特に赤ちゃんが出来ない原因が見つからない!

 

雑誌とかネットで調べていい方法とかいろいろ試してみたり、子授かり神社とかパワースポットにも行ってみたけど、なかなか思うように妊娠することが出来ない!そろそろ人工授精とか体外受精とか試した方がいいのかなぁ?って思うけど、体外受精とかになるとお金もかかるし、けっこう体力的にも負担になるなんて聞くと怖くて・・・。

 

何かもっと他にいい方法ないかなぁ?って友達に相談したら、「妊活サプリは試した?」って言われた。
妊活サプリは、葉酸とかマカとか妊娠しやすい身体になるように働きかけてくれる成分が配合されたサプリなんだそうです。

 

葉酸は、妊娠したらお腹の中の赤ちゃんに障害などが起こらないように摂った方がいい!ということは知っていたのですが、妊娠してから!ってイメージが強かったし、マカといえば男の人があっちが元気になるために飲むイメージだったんですが、女性も摂る方がいいんですってね。


葉酸とマカどっちがいい?オススメは?

“妊活サプリ”でネットで調べてみると、確かに葉酸サプリとマカサプリを摂っているベビ待ちの方が多いですね。
葉酸サプリは、前からたまごクラブとかの妊活雑誌で紹介されていたり、東尾理子さんが不妊治療中のときから摂っていた!ってことで気にはなっていたんですよね。でも、マカのほうは全然知らなかった。

 

で、いろいろ調べてみたら葉酸とマカでは働きかける場所というか目的が違うみたいで、

 

葉酸は血流の改善などによって着床のサポートとか流産の防止といった働きが期待されたいて、
妊娠しやすい体をつくりたい方

 

マカは、生殖機能を活発にする働きがあって、排卵障害や生理不順を改善する効果も期待
されているので、月のリズムなどが気になる方

 

 

といった感じで選ぶと良いみたいです。
葉酸サプリとマカサプリ、オススメのサプリとして口コミなどで人気なのが下の2つ。

 

ベルタ葉酸サプリ ハグクミの恵み

ベルタ葉酸は、現役ママのサポートによって商品開発された葉酸サプリで、天然葉酸を配合するなど安全にも配慮したサプリで、 葉酸はもちろん、ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウムに加え、美容成分を配合!もちろん無添加無香料で初めての方で安心して摂ることができます。
定期購入を選べば、送料無料で43%オフでお得に購入できます。

 

ベルタ葉酸サプリ 公式ホームページ

ハグクミの恵みは、高い栄養素を含むマカでも国産の無農薬マカと稀少な無農薬の黒マカなどを配合したサプリ。女性特有の悩み“月のリズム”を整えたい!という方におすすめです。日本産のマカには、月のリズムを整える働きのベンジルグルコシノレートが通常のマカの次数十倍含まれています。
今なら初回約60%オフのお得なキャンペーンを行っています。

 

ハグクミの恵み 公式ホームページ

葉酸とマカ 飲み合わせは大丈夫?

葉酸サプリとマカサプリ、どちらもそれぞれいい商品もあるし、自分の悩み、体の状態に合わせて飲めばいいのでしょうが、ただ、中には妊娠し易い体にもしたいし、月のリズムもなんとかしたい!から

 

両方摂りたい!

 

って思うかもいらっしゃるかもしれません。

 

 

正直、葉酸サプリにしろ、マカサプリにしろ、サプリメントって薬ではなく食品なので、一緒に飲んだからといって特に問題はないようです。ただ、上でも紹介した葉酸サプリの中で人気のベルタ葉酸サプリやマカサプリで人気のハグクミの恵みなど2種類のサプリを飲む時は注意しないといけないことがあります。

 

というのも、サプリによってはそれぞれのサプリに同じ成分が配合されていることがあります。
過剰に摂取しても尿などで排泄されるものであれば、いいのですが、成分によっては過剰摂取してしまうと体に副作用が出てしまうものもあるので、そういう点だけは注意して選ぶ必要があります。

 

 

そういう意味では、最近葉酸もマカも一緒になった妊活サプリが出て人気になっています!
それが、オールインワン妊活サプリの『マカナ』です!

 

マカナ妊活サプリ

 

 

数量限定初回分40%オフキャンペーン!
↓ ↓ 公式サイト ↓ ↓
http://na-shop.jp/makana/

 

 

 

もし葉酸とマカ両方摂りたいということであれば、それぞれのサプリを購入して飲むとお金も倍かかっちゃうわけですから、両方が配合されている任かつサプリを選ぶというのも良いですね!
それに、マカナには葉酸やマカだけじゃなく妊活に必要といわれている“8大妊活成分すべて配合!”してあるので、とってもお得ですね。

 

 

亜鉛や鉄分、そして元気の源でもあるマカも日本産にこだわって配合されているので、旦那さんと一緒に飲むとより授かる確率もアップするはずですよ!

 

 

実は、妊娠を計画している女性にむけて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取出来るように、栄養補助食品による補給が御勧めです。

 

葉酸は妊婦にとってさまざまな効果をもたらしてくれる心強い味方です。
その中でも適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は最も注目したい効果です。
ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが良いでしょうとはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方にはぜひサプリを活用してみて下さい。ナカナカ妊娠できないという人は、とりあえず基礎体温をつけることを御勧めします。
基礎体温表をつけていくとその変化で、女性のホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の変化が推測できて、不妊治療の大事なきっかけになるのです。さて、基礎体温表を造るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったお約束がありますから、きちんと守っていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。妊活なんて聴くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、実は、男性にもぜひ御勧めしたい妊活があります。それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
流産や不妊の原因因子として、母体にあるばかりでなく、意外にも夫に問題があったという話も良く耳にします。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

 

質の高い精子を作り、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみて下さい。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。
結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、親戚にコドモができたことを聴かされたりすると、このままだったらどうしようと落ち込みました。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の服用を始めると、早々に妊娠が発覚しました。
病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。
もっと早く来たかったですね。
いまの不妊状態から脱出するのに、普段の食生活の見直しも有効だと考えられます。

 

精子や卵子を造るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては妊娠しやすいゲンキな卵子、精子は、それほど期待できないでしょう。
妊娠しやすさのためには夫妻そろって栄養バランスのとれた食生活を心がけ、体を造る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。
親友が妊活中に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聴くと「漢方だよ」と教えてくれました。その子によると、体質から変えたい、と考えているようでした。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。

 

彼女は漢方を続けていたようです。その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かりました。
ずっとがんばっていたので、本当に嬉しいです。妊娠してから専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。
実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いでしょう。
葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。
または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。

 

こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特長を承知の上で、摂取するようにしましょう。
金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的にも大きな負担があることは明らかです。
自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。